ウェルフェア劇場

Apr/2018 Back <<< 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
 >>> Next
ウェルフェアアカデミー 第6回研修報告
 平成27年3月25日(水)に26年度最後の研修が行なわれました。今回の研修テーマは、『介護技術に必要なこと 〜介護に至るまで、介護を実践する上で〜』ということで、アカデミー運営管理者の村田施設長(ウェルフェアが誇る史上最強の介護福祉士)に介護技術について、熱くそしてわかりやすく丁寧に講義、実践していただきました。



 講義では、介護とは???「介護サービスに感する専門的な知識や技術を習得するだけではなく、介護を理論や制度、法律などの側面から理解することも必要」
技術(介助)とは???「人、本来の自然な動き、持っている能力・機能を活かし生活全般に寄り添いお手伝いさせていただくこと」さすがに介護の現場で16年、さまざまな経験をされてきた村田施設長の言葉には説得力があります。



 続いては、介護技術を実践する上での基本動作『ボディメカニクス』8つの基本原理について実技を交え説明していただきました。介護技術を実践する上でのポイント、基本や丁寧な対応ができない要因について講義いただいた後は、いよいよ実践です。50名程の参加があったため7つのグループに分かれていただき、村田施設長の技術(魂)を受け継いだスッタフがそれぞれ講師役として指導していただきました。



 さすがに講師役のみなさんは少し緊張気味でしたが、グループに分かれると村田施設長の技術(魂)をしっかりと伝授されていました。

今回の実践は『移乗介助』です。




 各グループとも、和やかな雰囲気の中にも何とか技術を習得し日々の介護に活かせないかとお互いに動きを確認し合いながら一生懸命でした。



 介護を行う上で個々の技術習得や段階に合わせた総合的な成長が必要です。また、個々の成長を繋げるための『チーム(支えあい・連携)』は必要不可欠です。個とチームが成長することで継続的なチームケアが行えるようになり、施設全体のスキルアップ、サービスの質の向上へと繋がっていきます。。今回の研修を機会に、もう一度初心に帰り日々の介護を見つめ直すのも良いかもしれませんね。
 最後に、村田施設長、小規模多機能ホーム・グループホーム ふたみのスタッフのみなさん本当にお疲れさまでした。次回も期待していますよ(笑)。
ウェルフェアアカデミー : comments (x) : trackback (x)
ウェルフェアアカデミー 第5回研修報告

平成27年2月25日(土)に、ウェルフェアアカデミーの第5回研修が開催されました。

今回は「介護記録のスキルアップ」ということで、アカデミー運営管理者の中北施設長を講師に“なぜ私達は介護記録を書いているの?”というテーマで、約60名の参加者が介護記録の重要性と意味について学びました。


当初は、前半を講義として後半は記録のテクニックを学ぶための実践をGWを通して学んでもらう予定でしたが、参加者が予想を大幅に上回った為に急遽内容を変更して、講義のみの研修となりました。

本当はGWを通してテクニックを学んでほしかったのですが、さすがに60名がGWする場所と時間がなく、泣く泣く講義のみという形をとりました(; ;)
でも、60名を越える参加者なんて・・・グループ全体の約三分の一ですよ!!さすが!!中北施設長!!

というわけで、講義は始まりました。

みなさん、真剣にメモをとっています。60名が揃うと圧巻ですね。


中北施設長のテンションも上がってきました!!
(額をつたう汗がそれを物語っているぜ!!



記録は、「ただ証拠として書かなくてはいけないから」記録として残すのではなく「ご利用者の生活の一瞬一瞬を支援している担い手としての意識」で記録を残すということを学びました。
また、私達の支援のためのものだけではなく、ご利用者やご家族のための記録でもあり、そのことを意識して表現や記録内容も工夫することの意味も学びました。

今回の研修では伝えたいことが多すぎて時間が足りませんでしたが、各施設での具体的な記録についてのノウハウやテクニックについては、いつでも指導にいくぜ!!(・・・と中北施設長)
とのことなので、皆さん、知りたいことや深めたい記録のテクニックがあれば、いつでもご依頼下さい!!

最期に、職員を代表して、小規模みそのの田中サブチーフがお礼の挨拶を行いました。

「あ、あ、あ、ありがとうございます・・・」

と震えた声で感謝の気持ちを伝えました(^^;
それぐらい、“心に響いた”ってことで・・・
田中サブチーフも、事務局の毎度の無茶ぶりに答えてくれて、本当にお疲れ様でした。

ウェルフェアアカデミー : comments (0) : trackback (0)
ウェルフェアアカデミー 第4回研修報告!!

今回は、ウェルフェアアカデミーが設立された平成26年を締めくくるにふさわしく「施設長研修」が開催されました。今回は介護以外の業界でご活躍されている方をお招きする企画です。

「年末に施設長研修ってどうせ忘年会でしょ?」という職員の冷ややかな目線をものともせず、12月27日、まさに師走真っ盛りに伊勢に「株式会社Looop 代表取締役 中村創一郎氏」を講師としてお招きしました。中央の青いポロシャツの方が中村社長です。

↑↑え?やっぱり忘年会でしょ?

いやいや何をおっしゃいますやら。これは、折角の機会なので、中村社長と距離を縮めてより深い話をお聞きしようとこのようなスタイルにしたわけで・・・ちなみに右端の斉藤施設長が持っているのは「お茶」、つまり「tea」ですよ。決して「beer」ではありません(汗)
プログラム的には前半は講義で、後半はグループワークなんですけどね・・・

中村社長は、東日本大震災の際にボランティアで設置した手作りの太陽光発電所から始められ、今では日本全国で680件もの発電所を設置されています。最初は数10人で始められた会社もわずか3年で150人を超すほどとなられました。そんな中村社長の、太陽よりもエネルギッシュで"アツい"お話をたくさん聞くことができました。

中村社長いわく、「きれいな話」と「そうでない話」があるそうで・・・ここでは前者のお話をたくさん聞かせていただきました。


年齢も36歳と若く、各施設長と年齢が近いということもあり、終止明るく楽しい時間を過ごすことができました。



↑↑ナイスツーショット!!

そして、講義の時間が終わり、後半のグループワークの会場へ移動。
グループワークのひとコマ・・・ これってグループワークですよね??

残念ながら写真はありませんが、矢野施設長は、中村社長の後者のお話を「大変」興味深そうに聞いておられました。中国とドイツが良い所だそうですね・・・

というわけで、楽しい時間はあっという間に過ぎましたが、中村社長は翌日お仕事で中国へ行かれる忙しいスケジュールの中、最期までお付き合いいだたき本当にありがとうございました。

やはり、介護の業界にいると、どうしても右をみても左を見ても介護福祉人(かいごふくしびと)の方が多いので、中々他業種の方と「深く」お話することができません。
そんな中、わずかな時間ではありましたが、中村社長とお話をすることができ、介護業界では感じることができない「刺激」と「インパクト」を受けることができました!!

まさに、中村社長自身が「人エネルギー発電所」という感じを受けた研修でした。
私達も、介護業界で極め、他業種から学びの声がかかるような人間になりたいものです。

それでは、遅くなりましたが、皆様2015年もウェルフェアアカデミーをよろしくお願い致します。

ウェルフェアアカデミー : comments (0) : trackback (0)
ウェルフェアアカデミー 運営事務局 視察報告


11月13日 運営事務局メンバーで兵庫県姫路市にある社会福祉法人あかねグループ現地視察ツアーに参加しました。あかねグループは法人独自で実施する「介護技術認定制度ケアマイスター」や介護技術習得のためのプログラム「即プロ」などユニークな取組みをされていて、職員のキャリアアップややりがいの構築に成果を上げています。

先ずは、あの黒田官兵衛ゆかりの地、姫路に到着しました。やはり向かうのは姫路城ですね(笑)




自他共に認めるお城マニアの村田施設長が詳しく姫路城の案内をしています。



さて、姫路城から車で20分のところにある「総合福祉リゾート書写の森」に到着です。

従来の福祉施設のイメージと違い、まるでリゾートホテルか結婚式場に来ているような外観に驚きました。



敷地内には天然温泉があり自由に入浴できます。





広大な多目的芝生広場でゲートボールも楽しめます。



施設で食べる有機野菜もここで皆さんで栽培しています。



1日で介護技術を身につける「即プロ(シーツ交換トレーニング)」の実演も見学させて頂きました。



体にやさしい有機食材や見た目も重視して器にもこだわったクオリティーの高い食事!



「腹へったでごわす〜(笑)」



施設見学の後は、法人統括副本部長の松本優賀さまより「あかね流 人材戦略」について丁寧に講義をして頂きました。



従来の福祉業界の価値観にとらわれず、新風を吹き込みながら斬新な企画を続々と立案していく姿勢は学ぶところが多く感銘を受けました。
今後、ウェルフェアグループの施設運営やアカデミーの企画に役立てて行きたいと思います。

ウェルフェアアカデミー : comments (x) : trackback (x)
ウェルフェアアカデミー 第3回研修報告!!

11月26日(水)にウェルハート明和にて、ウェルフェアアカデミーの第3回研修が開催されました。
早いものでもう3回目の研修です。にもかかわらず、今回も前回と同様、各施設より約50名の参加がありました。
今回は「介護現場の接遇とマナー」ということで、アカデミー事務局統括責任者の舟橋さんから"自己成長につなげるホスピタリティマインド"について、話をしていただきました。

まず、"ホスピタリティマインド=おもてなしの心"。
そして、サービスとホスピタリティは違うということ。

.機璽咼垢箸歪鷆,垢訛Δ決めており、誰が提供しても一定水準以上を満たしていることを約束している、そしてお金が発生する。サービスから得られることは「信用」である。

▲曠好團織螢謄とは、提供する側が決められず相手が決めるものであり、相手の情に伝わすかどうか。そして、共に物語を共有し喜ぶこと。ホスピタリティから得られることは「信頼」である。


・・・とこの時点では、まだ参加者は「ホスピタリティ・・・???」という感じでしたが、ここからホスピタリティの本質を理解するためのグループワークに入りました。




グループは、主催者側が一方的に決めず、参加者側がお互いを確認し合って(なるべく顔見知りでない)グループを作っていきました。これも提供側ではなく、受け手側が決めるホスピタリティ研修の一部☆






皆さん「初顔合わせ?」なので、上手くグループ討議が進むか心配しましたが、さすが時間外や遠距離でも研修に自ら参加してくれる、向上心のある強者たち!!

自己紹介から始まり、グループワークのテーマである「あなたが今までの中で"あなたの大事な人"を感動させた出来事は何ですか」について、それぞれが話をしました。
う〜んどれもこれも「深イイ話」ばかり・・・




そして、代表として2つのグループに発表をしてもらいました。

こちらのグループでホスピタリティマインドをシェアできたのは、奥様の妊娠に関わる感動的な夫婦愛、そして家族愛の話。


そして、こちらでシェアしたのは、ホワイトデーに手作りクッキーを彼女にプレゼントした、こちらに背を向けているナイスガイの話。やっぱりクッキーはハート型だったそうです。
・・・深イイ
ちなみにもう過去の彼女の話らしいですが・・・(涙)

まぁ、何はともあれ、自分の感動のエピソードを話をするだけで、わずかの時間でも他人同士がお互いの気持ちを共有できる。そして共に喜び感動することができる。ということが実感できたグループワークでした。



また、ホスピタリティマインドを実行していくうえで、「口にしてはいけない五つの言葉」も教えていただきました。
,任皚△箸蠅△┐梱L詰い任ないイ世辰

口にしないように気をつけていきたいものです(汗)

最期に「人間力をUPさせるヒント」も教えていただきました。


心に残った言葉は・・・

○相手が「言わないこと」を察してこそ信頼が生まれる。

○「安心」を感じさせることも信頼につながる。

の二つ。とても大事なことだと感じました。

以上、2時間では足りないぐらいでしたが、ホスピタリティマインドについてしっかりと知ることができる研修でした。
そして、大事なことは、今回の研修で感じたことを「すぐ実践」して「継続」すること。
さっそく今日、今この時から実践していきたいと思います。

次回のアカデミー研修は、管理者研修ということで、各施設長を対象に介護以外の業種の方を講師にお招きし、目からウロコのお話をしていただく予定です。
次回研修の報告を楽しみにお待ち下さい!!

ウェルフェアアカデミー : comments (0) : trackback (0)
ウェルフェアアカデミー 第2回研修報告 !!


10月29日(水)ウェルフェアアカデミー第2回目の研修会が
ウェルハート明和で行われました!各施設から50名の参加です。
今回は参加者からの質問に4施設の施設長が答えるという形でスタートしました。





写真右より介護付有料老人ホームくらたやま 中北施設長、小規模多機能ホーム 村田施設長、小規模多機能センターみその 富田施設長、ウェルガーデンみその 矢野施設長、コーディネーターはアカデミー統括責任者の舟橋さん

『仕事でのストレス解消法は?』『施設のモチベーション向上の秘訣は?』『仕事上の信念は?』『介護の道に進んだきっかけは?』などの質問に4名がそれぞれ本音で有意義かつユーモアたっぷりに答えていました。

最後に今日参加の皆さんにメッセージをということで、




矢野施設長「とにかく健康が第一!体調を崩さないように自己管理して下さい。」





村田施設長「感謝・ねぎらいを大切にして、ストレスや不安をためないように。施設が一つのチームとして少しずつ成長していってほしい。」





中北施設長「頑張っている自分のことを評価して褒めてほしい。落ち込んでもウェルフェアグループ全体で助け合えるような仲間になってほしい。」





冨田施設長「自己実現のために自分がどうしていきたいかを常に意識することが大事。ぶれずに取り組んでいってほしい。」と締めくくりました。


参加者からは、「日頃聞くことのない他の施設長の話が聞けて新鮮だった。」「自分が悩んでいたことに施設長が答えてくれて勇気が出た。」「それぞれ個性的な話でしたが、目指すところは一緒でした。」「施設長も苦労しているんだなぁ(笑)」などの感想が寄せられ、とても有意義な時間でした。



さて、第2部は施設間の壁を取り除いて連携することを目的にブレストミーティングが行われました。
6つのテーブルに分かれて、テーマ〜私たちの考える「やりがい」〜について意見を出し合います。


最初は初対面同士の方も多く緊張ぎみな感じでしたが…










すぐに打ち解け和やかな雰囲気のもと笑顔でディスカッション。







最後にみんなで意見を共有して一組ごとに発表しました。




「利用者に対してのやりがい」「みんなで行く社員旅行」「自分自身も楽しめる職場」





「やりがいとは自己の満足」





「やりがいとは笑顔と喜び」




「やりがいとは幸せへの道」




「やりがいとは強欲(??)」





「やりがい=勝つこと!!」


最後はみなさん笑顔一杯で気持ちがひとつになった感があります!!
アカデミー次回は11月26日(水)18時30分よりウェルハート明和にて開催を予定しています。テーマは『接遇について』です。

ウェルフェアアカデミー : comments (x) : trackback (x)
ウェルフェアアカデミー 第1回研修報告 !!


9月24日(水)ウェルフェアアカデミー第1回目の研修会が
グループホームたんぽぽで行われました!
当日は、ウェルフェアグループ10施設の施設長・主任等32名が参加しました。




記念すべき第1回の講師には西村代表にお願いしました!!
テーマは『ウェルフェアの理念と人間力について』です。




序盤は法人の理念である『のんびり・一緒に・楽しみながら』について
「理念は憲法のようなもの。運営で迷うことがあったら理念に沿っているか否かで 判断すればいい」などと分かりやすく解説していただきながらも、代表のリードで気が付くとほとんどの参加者がマイクを持って自分自身の考えを述べ、理念や人間力についてみんなで一緒に考える機会となりました。





おかげで当初の終了予定は7時10分でしたが、何とこれを30分オーバーし、終了時刻は掟破りの7時間40分となるハプニングもありました…
これには司会進行役の冨田施設長も焦ったことと思います


さて、休憩を挟んで後半は各施設のPRタイムです!!
施設同士の相互理解を目的に、各施設の担当者が施設の特徴やウリをアピールしました。
トップバッターは、小規模多機能センターみそのの倉田さん!!
スライドで施設主催のイベントや行事等を見せながら職員の団結力をアピールしました。





続いて、グループホームふたみの齋藤主任が登場。
みんなで徹夜で作った1年間の運営記録シートを披露しました。
手作りの力作にみんな感心していました。施設に掲示して入居者のみなさんに見てもらうそうです。





次は小規模多機能ホームふたみの谷本主任。
こちらもスライドを使って小規模多機能の制度や高齢者住宅を含めた施設の概要を丁寧に分かりやすく説明しました。





続いて今回の開催地であるグループホームたんぽぽの辻さん。
その人らしく…施設の流れに合わせて頂くのではなく、その人らしい今までの生活習慣を大切にしている施設であることをPRしました。





介護付有料老人ホームみなみいせからは副施設長の柴原さんが登場。
みなみいせの特徴は何と言っても温暖でのどかな環境であり、6つの居室はオーシャンビューで五ヶ所湾の海の夕日がとてもきれいとのことでした。





介護付有料老人ホームみっかいちは脇本主任。
みっかいちが取り組んでいる一つの特徴を紹介…施設内に「愛と感謝の言葉」として入居者の方々とのかかわりの中でありがとうの気持ちや嬉しかったこと、職員同士での感謝の気持ちや助かったこと見習いたいことをメッセージカードに記して掲示しています。このことにより施設により優しい雰囲気が育まれてきたとのことでした。





介護付有料老人ホームくらたやまからは石原主任(隣はサポーターの濱口副施設長)。
とにかく職員同士の仲がよく、明るく楽しい職場であること、さらにご家族の皆様にも一緒に協力していただきながら施設を運営していますとアピールしました。





グループホームくらたやまは下村主任。
入居定員9名の小さな施設ですが、のんびり楽しく時間が流れていること、職員の離職がなくチームワークがいい施設であることを説明しました。さらに一番の特徴は職員が愛情のこもった手料理を作っているので大変好評です。これからも続けていきたいとの意気込みを語りました。





最後を飾るのは、ウェルガーデンみそのの若宮さん。施設の1年を紹介した自作のDVDを紹介。そのクオリティーの高さに一同感動しました!
さらに「ウェルフェア魂をお見せします!」といってみその祭りで作ったWELFAREのロゴ入りのオリジナルTシャツも披露してくれました。




以上、あっというまの楽しい時間でしたが参加したみなさんのモチベーションアップにつながったと思っています。
第2回は10月29日午後6時からグループホームたんぽぽにて開催を予定しています!!

ウェルフェアアカデミー : comments (x) : trackback (x)
ウェルフェアグループの研修機関
『ウェルフェア アカデミー』を設立しました!!






ウェルフェアグループ職員の学ぶ機会・学ぶ環境を整え、「個」の能力アップや「施設全体」の質の向上を目指そうと、10施設の施設長が結集して社内研修機関を立ち上げました。
その名も
『ウェルフェア アカデミー』!!
以前に職員全員にアンケートをとった際に1番リクエストの多かったのが「もっと勉強する機会を与えてほしい!」だったので、この声に応える形になりました。






今後、
_雜鄂Πとしての基本的な知識・技術の習得 
∪賁膺Δ箸靴討寮賁臈な知識・技術の習得
C羞職員のレベルアップスキル(指導力)の習得 を基本テーマに研修を行います。


役員には統括責任者に舟橋さん、運営管理者に中北さん・村田さん、運営事務局に矢野さん・富田さんがそれぞれ就任しました。



みなさんご苦労様です。
職員の明るい笑顔と利用者様の安全安心のためにとっても大事なプロジェクトですので頑張って充実していただくよう期待しています!






なお、これまで通り各施設内で勉強会や外部の介護施設の方々から好評のオープン講座もアカデミーとリンクしながら行っていきます。
ウェルフェアアカデミー : comments (x) : trackback (x)
11月のみそのぎゃらりぃー
Kennethlax>10/09
Kennethlax>10/05
THE!!「みかん狩り」v(^^)v
airmaxpzf>6/29
横 250 pixel 縦 150 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 440 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。